ビューティフルドリーマー

別にうる星やつらのことは書いてません。

担降りをしました。

 

 

 

 

そんなわけで、岸優太くんに担降りをしました。

自分でも以前から予想していたとおり、雷に打たれるように降りたわけではなく、蓄積された毒が致死量に達したような担降りでした。

最初に岸くんを意識したのは梅田芸術劇場でのサマリーで、その時は「颯くんの熱烈な求愛をいなす謎の子」という印象でした。レディダイのメイキングでも周りからいじられていたし、人からおもちゃにされやすい子なんだろうなあと思ったのを覚えています。

岸くんのことを好きだと確信したのは、ジャニーズJr.の真実*1で真面目な話をする岩橋くんの後ろに映りこむ岸くんを見た時です。岸くんは椅子でぐるぐると回っていました。それも、楽しそうに回るならまだしも、おそろしく真剣な顔で椅子に乗ってぐるぐる回っていました。その時に「あ、この子アホや…」と思い一気に気になる子になっていきました。

それからSexy Zoneのコンサート、ジャニワ、梅芸SHOCK、トニトニ等を経て蓄積されていった毒が、先日の横浜アリーナで完全に全身に回ったような気持ちでした。

「Silver Moon」を見ながら、一年前の横アリでソロダンスを踊る岸くんを見られなくて、すごく悔しかったことを思い出しました。今年は岸くんのソロダンスはなかったけれど、勝利さんの後ろで微笑む岸くんを見て、何の理屈もなしに「私はこの子に降りるんだ」とすとんと胸に落ちました。私は今でも「Everybody Go」を聞くと何度でも北山くんのことを好きになるのですが、それと同じように「Silver Moon」を聞くと岸くんのことを何度でも好きになるんだろうと思います。

 

正直、不安はあります。未来がわからない子に夢を見るのは怖いし、この先岸くんがデビューしたならその時に降りたらいいのではないかと狡いことも考えました。けれど、やっぱり今を生きている子に今向き合わないのはずるいと思い、降りようと決意しました。

  

担降りをしたからといって、おそらく私の生活が一変するわけではないのですが、自己満足はオタクの特技なので降りた記念に記しておこうと思い、慣れないなりにこんなことを書いてみました。

Sexy時代の幕開けに若干どころか相当はてなマークを浮かべているのですが、どこで誰といても置かれた場所で頑張れる子だと信頼はしているので若葉マークのオタクは楽しく振り回されようと思います。

 

*1:関西では放送しなかったのですが、そこらへんはお察しください。