ビューティフルドリーマー

別にうる星やつらのことは書いてません。

映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』雑感

 

 

※多分見てもわからないと思うけれども、ネタバレしかない雑感なので要注意な!!セリフとか時系列はうろ覚えだよ!!

大袈裟に言っているのではなく、この映画は本当に一分間に二回くらいつっこむところがあるのでTwitter実況を許可してほしい。

 

 

・初っ端からユウの「素っ頓狂な現実」というモノローグで「あっ、これ脚本家もこの世界はイカれてるって思って書いてるんだな」とこの映画の見方を教えてくれる親切設計

・忙しい人のためのドラマ版黒崎くん

・顔が可愛い

・何一つ予想外の展開が起こらないのでとても安心して見ることができる

梶くんレベルの馬鹿にもピアノを弾くモチベーションがバレてる黒崎くんチョロい甘い可愛い

・アイスを喉に詰まらせる器用な梶くん(ぐう可愛い)

・梶くんの黒崎担っぷりがひどい(ぐう可愛い)

・入浴シーンがいっそドリフ

・ユウちゃんはスッピンよりももっと気にすべき点があるだろ

・女子にバスケで負ける梶くん(ぐう可愛い)

・フェードアウトするMake my day

・黒崎くん、何でプールの授業の時に制服のままなの?水着とか着ない宗教の人?

・雷が怖くて黒崎にすり寄る梶くん(ぐう可愛い)

・黒崎くんにフラれて翔くんに抱き着く梶くん(ぐう可愛い)

・「芦川さんは俺が守るから(震え声)」(ぐう可愛い)

・秒でフラれる梶くん(ぐう可愛い)

・停電したので懐中電灯を捜しに行く一同

・なんで芽衣子しかスマホ持ってないの?

・この展開、魔法のiらんどで五億回は見たことあるやつ

・黒崎くんを遊園地に誘う梶くんが乙女(ぐう可愛い)

・電車で一人離れた席に座る羽目になる梶くん不憫(ぐう可愛い)

・二人でアトラクションに乗る白黒が死ぬほど面白いのでここだけGIF動画で配信してほしい(この映画一番の爆笑ポイント)

・黒崎くんがトッポのCMをしてくる

・黒崎くんが好きすぎて自分が女に生まれてきたらという可能性も考え出す梶くん(ぐう可愛い)

・でも、男同士だから憧れるんだよな~~ってすぐ撤回する梶くん(ぐう可愛い)

・結果的に夜まで一人で遊園地を回る羽目になる梶くん(ぐう可愛い)

・黒崎くん、梶くんから観覧車の伝説を聞いた時からずっと「いつ観覧車乗ろうかなあ///」とか考えてたんだろうな

・観覧車の頂上までそこそこ時間があるだろうにずっとユウちゃんを羽交い絞めにしてる黒崎くんのドリーミングな律儀さがヤバい

・夜までぼっちで遊園地に放り出されたにも関わらず全力でエンジョイした挙句、光るわたあめを買ってくる梶くんは一人遊びが上手とかそういうレベルではない。

・梶くんがトイレに行っているせいで四角関係になった四人の気まずい空間が出来上がる珍事態

・黒崎くんのことを好きかも…と自分の気持ちに気付き出すユウちゃん

・何故だろう、脳裏に「ストックホルム症候群」という言葉が過る

・ユウ「あたし、淫乱かもしれない」梶くん「淫乱って何…?」

・岸くんにそんな破廉恥なことば教えないでください

・絶対に許さない、絶対にだ

・岸くんは覚えたばかりのことばを使いたがる小学生男子だから突拍子もないところで使ったらどう責任取ってくれるんですか

・岸くんの記憶を消せる魔法を授けてほしい。今すぐ岸くんの記憶から淫乱ってことばを消したい。

・黒がユウちゃんと付き合ったら、黒と友達やってくのはもう無理カモ。。。という白河くんのメンヘラ絶交予告を受けてユウちゃんに奴隷解放宣言をする黒崎くん。

・こいつ、女より白河くんを選んだぞ

・黒崎くんから挨拶を返されただけで大喜びしてる梶くんがファンサ貰ったジャニオタでしかない

・「好きな人が被るとかむかつくけど、それはうちらの友情には関係ないじゃん」と言い切る芽衣子が死ぬほど男前なので、白黒のやり取りがすべて女々しく見える問題

・初恋の人、幼馴染、実家の犬。好きなものがみんな自分より黒崎くんのことを好きになったという劣等感をぶつける白河。

・お前が実家の犬に懐かれないのは黒崎くんの責任ではない。

・白黒はバスケのルール知ってる?

・バスケで決着をつけるというユウちゃんの気持ちはガン無視な展開

・白河くんって実際のところユウちゃんのことどこまで本気だったんだろう

・芽衣子、幸せになれ

・芽衣子、幸せになれ

・芽衣子、マジで幸せになれ

・原作とは別の世界線だから、映画の芽衣子は一年後くらいに梶くんと付き合ったらいいと思う。梶くん、夏に交通事故で死ぬ可能性あるけど。

・まさか断られるとは思ってなかったため露骨に動揺する黒崎くん

・逆になんで断られないって思ったのか教えてほしい

・Sほど打たれ弱い

・最後に黒崎くんとユウちゃんのSM関係が逆転する美しいエンディング

・驚くべきことに、最初から最後まで顔が可愛い

 

●上映後の友人と私の茶番劇

・黒崎くんの言葉の少なさや、社会からズレている生態に友人が「黒崎くんは野生の動物か何かに育てられた可能性がある」という新説を唱える。

・「おそらく、お掃除妖怪な化け物に育てられた人間の子なのでは」という結論になる。

・ラスカルの最終回みたいな感じで、お掃除妖怪が「人間の世界にお帰り」って幼少期の黒崎くんのことを手放したが、お掃除妖怪として育ったため人の世界での生き方がわからない黒崎くん。

・お掃除妖怪の世界には言語があまり存在せず、人の耳を齧ったり、唇で直接触れ合うことが対話の手段となっている。

・人の顎を持って喋るのがお掃除妖怪の部族での礼儀。

・伝わらない思いはピアノで伝えるという風習がある。

・お掃除妖怪の決闘の手段はバスケ。最初に相手を突き飛ばすのは手袋を投げるみたいな決闘申込みの合図である。

・お掃除妖怪の世界に存在する数少ない言語が『奴隷』

・これをエキサイト翻訳にぶちこむと『僕の生涯の伴侶になってください』になる

・ユウちゃんに掃除をあれこれ命じていたのもお掃除妖怪の世界で生きていくための花嫁修業の一環

・映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』は黒崎くんがお掃除妖怪から少しずつ人間になる話だった。

・ごめんなさい。怒らないでください。

 

散々な物言いに見えてしまいますが、上映時間中ずっと楽しかったです。全体的にポップな青春ラブコメになっていたので、とっても見やすく、気軽にリピートできる良い映画だと思いました。

とにかく本当に顔が可愛い。演者の顔が全員可愛い。

つっこみながら 見たいので早くBDが出てほしいです。