ビューティフルドリーマー

別にうる星やつらのことは書いてません。

これまでのあらすじ~岸くんとan・anとそば~

 

kuzuplus.hatenablog.com

 

この担降りブログから気付けば4年。

この度、岸優太くんが5月23日にKing&Princeとしてデビューすることが決まりました!やったー!嬉しい~!最近マジで毎日浮かれているせいか、先日職場で「くずたさんって好きなアイドルとかいますか?」って聞かれてアカウントバレたのかと思いました。隠れオタクの心臓に悪いこと聞かないでほしい。

 

そんなKing&Princeのデビューシングル『シンデレラガール』の発売日に天下のan・anの表紙も飾っちゃうことが明らかになりました。ありがたいことです。

しかし、an・anと岸くんといえば浅からぬ因縁があったりなかったり。

自分の備忘録として、岸くんとan・anのこれまでのあらすじを記しておこうと思います。

 

 

①伝説の始まり

 

an.an(2015.7.8 No.1961)

年下の男の子特集号にMr.King vs Mr.Princeとして載ることになった岸くん。

1人1ページで、それぞれトーク内容から如何にもan・anっぽい見出しが誌面には踊っていた。

 

岩橋「年上の女性にはリードしてほしい。」

高橋「じれったい恋がいちばん好き。」

永瀬「ギャップでもっと惚れさせたい。」

神宮寺「年上とか関係ない。僕がリードします。」

平野「頑張ってるなって、見守ってほしい。」

岸「いま夢中なのは、かき揚げそば。」

 

( ゚д゚) 
  
(つд⊂)ゴシゴシ 
  
(;゚д゚) 
  

なんかわからんけど、一人恋とかじゃなくて麺類の話してた。

いやいや、an・anだよ?ポポロじゃないんだよ。まさか、そんなan・anでそんな熱心にそばの話する奴がいるはずない…と思って記事を読んだら

 

(前略)ギター以外だと、そばに夢中。今週も4回食べたけど、頼むのは温かいかき揚げそばって決めてる。かき揚げを出汁にひたして、最初はガサガサしていたのが、だんだんと柔らかくなっていく感じがたまらなく好きなんです。そこに七味をめっちゃかけて、汗だくになりながら食べる。かき揚げに飽きることはないと思うけど、他のメニューを頼むとしたら、めかぶかなぁ。

 

 

 思ってたより、しっかりそばの話してた。

年下の男の子特集どこいった。いや、そばが好きな年下の男の子も可愛いけど。

一応フォローしておくと、岸くんもまさかそばの話を見出しに使われるとは思っていなかったらしい。キンプリのマネージャー一同が大爆笑したとか。an・anにいじられる男岸優太。

 

②そばの天丼芸への目覚め

 

an・an(2016.8.10 No.2015)

かき揚げそば事件の一年後、またしてもan・anの年下の男特集にPrinceとして載ることになった岸くん。 

 

(略)でも、去年と確実に違うことは、選ぶそばのメニュー。去年はずっと、かきあげ一本だったんですけど、月見に手を出したらめちゃめちゃうまくて、世界が広がりました。最近はたぬきも食べています。

 

そこには一年越しでかき揚げそばを語る岸くんの姿が!

世界の広がり方、どんぶりの中だけじゃない?と思うが、その一途なそば愛は周囲にも伝わっているようで、同誌で岸くんの恋について語る神宮寺くんと岩橋さんの記事でそれを見ることができる。

 

岩橋:デートはそば屋巡り。

神宮寺:あいつ、本当に好きだよね。“そばキャラ”は狙ってるだけかと疑ってたけど、ことあるごとにそばの写真が送られてくる。

岩橋:じゃあ、告白は“僕の月見になって”

 

こういう悪ノリをしている時のじぐいわって本当に輝いているし、岸くんのことめっちゃ好きだなと感じる。

 

③そして集団芸へ

 

岸くんが再びそばの話をしたan・anから一年弱。

再びPrinceがan・anに掲載されることになる。

そこにはやっぱりそばの話をする岸くんの姿が…!

 

 an・an(2017.4.5 No.2047)

神宮寺:あ、岸くんとアンアンといえば、最近のそば事情はどう?

岩橋:最近、あんまり聞かなくなったね、そばの話。

岸:はい。冗談抜きで、今も週に3回は食べてます。もちろん昨日も一昨日も行きました!

神宮寺:最初がかき揚げそばで、次は月見にハマってると言ってたでしょ?今は?

岸:変わってないね~。かき揚げそばと月見の店の両方に通ってる。

神宮寺:えっ?別のお店なの!?

岸:うん。かき揚げはこの店、月見はこの店って決めてて、両方とも100杯以上は食べてると思う。

岩橋:今日の私服もおそばみたい。

岸:グレーってだけじゃん!かき揚げのお店で、何度かめかぶそばにも挑戦しようとしてるけど、つい、かき揚げを食べちゃうの。

神宮寺:ラーメンやうどんは?

岸:興味ないね。そばだけ。

岩橋:もうさ、名前、そば優太でいいじゃん

 

神宮寺:あ、岸くんとアンアンといえば、最近のそば事情はどう?

文章打ってる私が「なんだ、この日本語」って思ってるんだから、言った張本人の神宮寺くんも思ってるかもしれないし、an・anの編集さんも思ったかもしれない。多分人生でそうそう使うことのない言葉、「最近のそば事情」。

岸くんのそば天丼芸が一人のものではなくなってきたのを感じる。

神宮寺くんが2015年のan・anから岸くんの言ったことを覚えているのがすごいし、我々がそばの話を待っていることを把握しているだろうこともすごい。

Princeって素敵なユニットじゃん…。末永くそばにいてほしい。そばだけに。

 

④意識が高くなる

そして半年ほど後のan・an。

 

an・an(2017.9.6 No.2067)

 

今後の野望は?

岸:もうひとつの野望は、そばのCM。最近、神宮寺と岩橋も美味しさに目覚め始めているし、結構そば界に貢献できると思うんです。もっと勉強して、そばに詳しくなったら、オファーきますかねぇ。 

 

岸:あ、ネクストな展開といえば、二人もそばの美味しさに目覚めたじゃん。

神宮寺:目覚めたというか、連れていかれただけだけど。岸くんのそば愛は本当にすごい。お店で流れているBGMの曲名を店員さんに聞いて家で流したり、普段から、そば店の気分を味わおうとしていることにびっくりした。

岸:冗談じゃなく、今でも週5でそば食べてますから。

岩橋:そのブレなさはすごい。でも、そば愛はいいけどさ、(後略)

 

かき揚げそば事件から2年、ついにそば界への貢献を考え出す。

っていうか週5は食べすぎじゃない?すごくない?血液の2割くらいもうそばでしょ。

しかし、いいよ、その上昇志向。素敵だよ。そばのCM狙っていこうな!CMお待ちしております!☆野源みたいなやつください!!!

 

⑤なんかごめん

そして、その半年ほど後。

 

an・an(2018.1.3・10合併号 No.2084)

 

神宮寺:あとはアンアンの岸くんといえば、おなじみのあのネタが…。

岸:もう、そばは、いいんです。

神宮寺:飽きたんだ?

岩橋:実は嫌いだった?

岸:いや、実際、昨日は朝から食べました。原点回帰で、かきあげそばをいただきました。

神宮寺:やめないほうがいいよ。

岩橋:そば企画が来るかも。

神宮寺:『そばぶらり旅。』

岸:このままでいいのかな~?

 

ごめん、オタクがそば芸面白がりすぎた。

好きな麺食べていいし、好きな話していいんだ、岸くん…。

小学校の時にクラスメイトの恋路をからかいすぎてしまったような罪悪感が胸をよぎる…。

それにしても、こんな時でもじぐいわは等身大の岸くんに優しい。まさかそんなことをそばの話で噛みしめることになるとは。

 

以上、これまでのあらすじでした。

an・an以外の媒体でも岸くんはそばの話をしているんだけど、やっぱりan・anでのそば芸はまた違う楽しみがあるので定期的に読み返してしまう。

 

前回、もうそばはいいと言った岸くんはもうそばの話はしないのか。

 岸くんとそばの関係はどうなってしまうのか。そして、King&Princeでもそばの天丼芸は見ることができるのか。

an・an5月23日号『最強の出会い』乞うご期待!

さあて次回もサービスサービス!!